やる気の出るオフィスとは|オフィス移転・事務所移転の移転専門サイト

オフィス移転TOP > 内装工事 > 快適なオフィスの作り方 > やる気の出るオフィスとは

やる気の出るオフィスの作り方

やる気アップ間違いなしのオフィス作り

お見積の目安をチェック!

お見積書のサンプルを参考に、実際の移転費用のイメージをつかみましょう。

職場の環境は、仕事の質を大きく左右します。コストも非常に重要ですが、快適なオフィス環境を整えることできれば、「来客者に対する企業イメージのアップ」「社員のモチベーションアップ」「社員の仕事効率アップ」等につながり、さらには「健康面」にまで影響を及ぼします。それぞれに見合った環境を選択し、満足度の高いオフィス移転を実現しましょう。

コンテンツ

やる気アップの5つの方法

フリーアドレス制度

日替わりデスクで新鮮な気分に。

現在色々な企業で取り入れられているフリーアドレスですが、社員のモチベーションアップにも効果があります。ライバル意識をもっている人間同士や、先輩後輩、上司と部下など、以外な席配置から、モチベーションアップの効果が得られるかもしれません。

フリーアドレス制度

コミュニケーション

対話が大切です。

いかにして従業員に十分な力を発揮させられるか!多くの企業における重要な経営課題のひとつとしてピックアップされるのではないでしょうか。オフィス内での活発なコミュニケーションを生み出し、従業員のモチベーションを高める。多様化・変化スピードの増し続ける時代を勝ち抜くためにも、従業員の力を最大限に発揮できるオフィスが求められています。

やる気の出るオフィス

プライベートスペースを設ける

自分の居場所を作ることで、やる気もアップ!

人は自分だけのスペースというものを必要とします。特にデスクは、使っている人が自分の好みに飾りつけて個性を表現したり、周りの人とのコミュニケーションツールとして使用したりしているのをよく目にします。今日、フリーアドレス化を推進している企業もあるため、なかなかデスク上を飾りつけにくくなっている場合もありますが、社内のどこかに自分だけのスペースを用意することは、個人の欲求を満たすためにも、会社への帰属意識を高めるためにも必要です。

コミュニケーション

一人一人に集中スペースを

集中できる場所は人それぞれ。

作業などに集中する際、自分のデスクでは集中できないという方がいます。それは人によって集中できる環境が異なるからです。思い出してください。学生の時、自宅にこもって机に向かう人もいれば、ファミリーレストランで参考書を読む人もおり、一概に「自分のデスク=集中できる環境」とは言えなかったはずです。これは仕事でも同様です。それぞれのデスクスペース以外にも、カフェスタイルのスペースやブースタイプの席を設け、なるべく社員1人1人が集中して作業できるスペースを用意してみたらいかがでしょうか。

一人一人に集中スペースを

ヒーリング

きちんと休む。

最近は週休2日という言葉もすっかり定着しましたが、実際に休みを取れない企業も少なくありません。さらに長時間の残業が重なれば、集中力は到底続きません。人間の集中力の持続時間は長い人でも2時間が限度といわれています。休憩ルームを確保し、メリハリの取れる環境作ることが大事です。

ヒーリング

ページトップへ戻る


無料 相談緊急・夜間移転受付中!お電話でのお問合せ・無料お見積はコチラ 03-5953-5511月~金 AM 9:00~ PM 8:00